得意分野が仕上がりに影響する板金修理

板金修理は自動車を修理する方法のひとつで業者が会社の名称としても使っている言葉です。そもそも板金とは金属の板を加工することを指しています。自動車の場合にはバンパーやガラスなどを除けばボディに鋼板が用いられており、ぶつけるなどしてへこんだりした場合には板金によってある程度の形にまで戻すことができます。ある程度の形にまで戻るとパテなどを用いて最終的な表面の成形を行い、その上に塗装をして修理の完了となります。このため板金修理を行う業者で塗装まで行っているところは、板金塗装という名称を使っているところもあります。また反対に塗装だけを専門にしている業者では板金という名称を使いませんが、簡単な板金修理であれば塗装だけを専門に行っている業者でも行うことがあります。

自動車の修理の流れと分業の形について

自動車の修理の流れとしては、走行に支障がないか調べます。このさいに板金修理で行えるのはフレームの修正であり、エンジンや変速機など走行に関する問題がある場合には自動車整備工場が修理を行うことになります。一般的な板金修理ではボディを傷つけたりへこましたりした場合で、板金で修復可能であれば板金作業で形を成形します。板金ではある程度の形に戻すことが仕事であり表面の仕上げはパテによって形が成形されます。その後、最終的な表面の成形は塗装の下地処理のさいに行われ塗装されて修理が完了します。なお、板金で修理できる大きさは限られており、あまりにも大きいへこみや鋼板が裂けてしまったりしている場合には新品または中古部品に交換されるのが一般的です。このため交換作業も板金修理のひとつとされます。

仕上がりは専門業者によって異なる

自動車の修理を綺麗に仕上げるためには最終的には塗装技術によるところが大きくなります。簡単な修理であれば板金修理でも塗装を行って仕上げまで行いますが、ある程度の範囲をこえて塗装する場合には塗装の専門業者に外注するのが一般的です。また反対に塗装を行っている業者でも小さな傷や板金であれば行うこともありますが、大きな板金修理が必要な場合には板金業者に外注するのが一般的です。このため板金修理と塗装作業の両方が優れている業者を選ぶことが、仕上がりを良くするポイントになります。ただ、単純に表面の仕上がりだけを考えると、最終的には塗装によって仕上げられるため、塗装業者の技術力によって変わってきます。特にパール塗装やシルバー塗装などは作業者の経験によって仕上がりが大きく影響します。